料金がかかってしまう粗大ゴミの回収業者はどのように選ぶの?


できるだけ費用を抑えたい

ゴミを処分するのにはお金がかかるので、できるだけ費用を抑えるには業者選びが重要になります。捨てる物にもよるのですが、最も安い料金で素材ゴミを処分したいのであれば、地方自治体にお願いするのがよいでしょう。主な手順としては、役場や出張所などで粗大ゴミを処分したい旨を伝えます。そうするとシールを購入することができるので、料金を支払って所定の日になったらシールを貼り、決められた場所へ置いておきます。後は業者が運び出してくれるので安心できるでしょう。

しかし、地方自治体は粗大ゴミを処分する料金が安いというメリットはあるものの、回収できる粗大ゴミの種類がある程度限定される、所定の場所まで自分で運ぶ必要があるなどのデメリットもあります。地方自治体に粗大ゴミの回収を依頼する場合には、決められた場所まで運ぶことができるのか、処分の対象になっている物なのかを確認しましょう。回収の対象になっていない、自分だけで運び出すのが難しい場合には、民間の処分業者を利用することになります。

民間の粗大ゴミ回収業者を比較する

地方自治体では処分できない粗大ゴミを回収してもらいたい、重い物なので自分だけで運び出すのが難しいなどの場合には、民間の粗大ゴミ処分業者を使うことになります。しかし、民間の粗大ゴミ回収業者は、会社によって料金が大きく異なります。少しでも費用を抑えたいのであれば、自分が住んでいる地域に対応している業者をいくつかピックアップし、料金を比較するのがよいでしょう。最近は一括見積ができるサイトもあるので、うまく活用すれば手間を省くこともできます。

大型家電製品を買い替えではなく捨てたい場合には、粗大ゴミ回収業者に依頼するのが最も楽な方法でしょう。

You Might Also Like